2014年4月アーカイブ

シンジケートローンとは

世界各国の銀行が協調融資団のシンジケートを組成し、各国政府や政府機関に対して行う中長期の貸付を、シンジケートローンといいます。


協調融資であるこのシンジケートローンは、貸し手にとっては危険分散を図ることができ、借り手にとっては巨額の資金を効率的に調達できます。シンジケートを、国だけでなく各金融機関が協調して組成し、同一条件でひとつの融資契約書に基づき融資を行なう資金調達方法としてよく知られいるものです。借入れ企業との交渉や金融機関の調整を取りまとめるのがアレンジャーと呼ばれる金融機関です。


契約調印後は契約条項の履行管理や元利金の支払い等、事務作業を一括して行なう金融機関をエージェントと言います。普通は、エージェントに就任するのはアレンジャーというケースが殆どだそうです。シンジケート団は参加金融機関を幹事金融のアレンジャーが募集する形態は社債を発行するのと似た面があります。


金融機関からのお借り入れ取引きが、シンジケートローンなのです。短期的に必要な場合も有効な手法と考えられ、設備投資のような長期的に必要な資金調達だけでに限ったものではありません。契約条件の検討からシンジケート団を構成する貸付人となる金融機関の募集と契約締結手続きなどを、アレンジャーは行っています。


契約の際借入れ人は、アレンジャーへの手数料を支払うことになります。貸付人としてアレンジャー自身がシンジケート団に参加することもあるでしょう。シンジケートローンを組む上で、とても重要だと考えられるのが、アレンジャーなのです。

シンジケートローンの特徴

シンジケートローンにはいくつか特徴があります。シンジケートローンという調達方法は、市場型間接金融と呼ばれる金融形態を代表するものです。この方法は、直接金融の特徴である市場性と間接金融の特徴の柔軟性を両方持っています。


資金調達の可能性を広げることが考えられる市場型間接金融とは、財務内容を広く開示し、債権の流通を高めることができるといえます。借り入れ金を利用して、資金調達を行なうことです。シンジケートローンは、借り入れ側にとって自由な条件や返済スケジュールの設定を、通常の銀行借入れや社債での調達に比べて円滑に行なうことが出来るのです。


たくさんの金融機関との取引きを行なうのがシンジケートローンの特徴です。アレンジャーというのは実際の交渉相手が契約締結前のとき、契約締結後はエージェントと決められています。シンジゲートローンは、事務作業などの負担が少なく済むということが、大きな特徴なのです。


低コストの資金提供が可能となるのは、既に受けている融資取引きの有無に関係なく金融機関を広く募集するからです。シンジケートローンで高くなる可能性は、低金利での融資を実現できるということです。一つの融資契約書に基づいて複数の参加金融機関との金利や返済期間などの条件を統一することが出来るのもシンジケートローンの大きな特徴のひとつです。

法改正とローンの審査

ローンの審査と、法律との関わりは重要です。これまでは、パートやアルバイトで収入を得ている人でもいくつかの条件を満たせばローン融資を受けることができましたが、法律の見直しでローンの審査に変化が生じています。


今後の申込みは通りにくいと思われます。別ローン会社から受けている融資の返済にあてるため、新しく借りた融資の返済まで手が回らないという方が多いことが法改正の理由です。中には、返済のために他のクレジットカードやローン融資を組み、多重債務状態になってしまうという人もいます。複数のローン会社を利用する多重債務状態にならないように法律が見直されました。


ローンを利用して買い物をする場合、キャッシングやクレジットカードよりは低金利であることが多いようです。月々の負担がいくらかをきちんと知っておき、無理なく返済ができるのであればローンは強力な味方になってくれます。ただし、ローンの利用には審査を伴いますし、手数料がかかります。今現在、クレジットカードやキャッシングを使いつつ、ローンもあるという方もいるようです。


法律が見直されたことにより、新しい借入が通らなくなったり、クレジットカードが再審査の対象になって使用できなくなるという事態も考えられているようです。一般のローンだけでなく、マイカーローンや住宅ローンの審査も、法改正の余波は避けられないだろうとされています。


クレジットカードやローンからの融資は、とっさにお金が必要になった時や大きな買い物をする時に便利ですが、返済リスクを背負うことになります。不必要なローンを使わないことや、健全な金銭感覚を持つことが、審査に通るためには必要なことです。

ローンの審査と申し込み基準

審査に通らなければローンは使えませんが、審査ではどのようなところをチェックされているのでしょう。18歳以上であることは大前提で、加えて年収が200万円より多く、安定して所得がなければローンは認められません。


保護者の承諾を得ることが、未成年の場合は条件となっています。ローンの審査の際、他のローンの利用がある場合は、利用金額や支払い状況なども審査を行なう上で重要な項目とされています。ただし、住宅ローンやマイカーローンの返済ならば、審査にあまり影響しないようです。ローンの審査で影響があるのは、カードローンをどのくらい使っているかです。


ローンを賢く使うことで、家電や自家用車など、大きな買い物も家計に響かず支払いをすることができます。ボーナス払いなどもあり、とても便利です。ローンを利用することで分割手数料などの一括で支払う場合よりも支払う金額が高くなるなどの点もあります。ローンの手続きを行う時には、事前に金利を調べた上で利息額をきちんと計算しておくと返済の見通しが立てやすいでしょう。


通販とローンを組み合わせて商品を売っているというところも存在します。借入期間や金額によっては、利息が全くかからないローンもあります。審査の基準や借入条件をあらかじめ把握してからローンを使いたいものです。手軽に申込みができるといっても、安易な借入はおすすめできません。

ローン一本化のメリット

借入件数が増えすぎてローンの返済が追いつかなくなった時は、増えたローンを一本化するという方法があります。おまとめローンという名前で呼ばれることもあり、他社借入件数を1社に一本化してキャッシングローンを作り直すというものです。


ローン一本化でのメリットは2つあります。何社ものキャッシングローンを組んでいると、月々の返済日と返済金額がそれぞれバラバラで把握しにくく、返済の見通しが立てにくくなって直前まで返済日に気づけなかったりもします。一本化をすることでローンの全体像がわかりやすくなり、分散していた返済日と返済額が一本化されるので、それだけ収入と支出の管理が容易になります。


返済のし忘れもなくなり、一本化によって返す日を忘れにくくすることができます。うっかりミスでも、返済期日を過ぎてしまった場合には延滞利息がついてしまいますので注意しましょう。収入をやりくりして返済金を捻出している状態ならば、返済が滞って延滞金がつくような事態にはなりたくないものです。


また、上手にローンの一本化ができれば、毎月の返済額や最終的な返済総額を減らせるというメリットもあります。金利の低いキャッシングローンで一本化をすることができれば返済総額の減額ができますし、月1度の返済にすることで月の返済額も減額可能です。月の返済額を減らすことができれば返済は楽になりますし、完済も現実的になります。


多重債務状態からローンを一本化することで返済を容易にし完済しやすくできることが、一本化のメリットです。

運転資金の融資を受けるということは

インターネットで、「運転資金」「融資」という言葉で検索をかけると、色々なキャッシング会社が出てきます。収入が安定していなくても大丈夫、あるいは、他社に借り入れがあってもOKなどと甘い言葉が誘い水のように打ち出されています。


好条件の運転資金融資先を探すこは大事ですが、最も気にかけるべき点は、返済可能な借り方をすることです。返す時のことはその時になってから考えればいいから、今は借り入れ審査さえ通過すれば、という人もいるようです。


ですが、そのような態度でキャッシングを利用していては、審査に通って融資を受けることができたとしても、後で困ることになります。一度返済が滞るとかなりの延滞金がつき、完済がますます遠くなります。運転資金の融資という言葉だけに期待しての利用は危険です。


消費者法が見直されたことで、近年は一時期ほどの違法な督促や高金利融資は難しくなってはきています。ですが、現段階ではまだ大きな問題が残っています。借金が予想以上に負担となって返済のあてが見つからなかったり、契約を結んでから貸し付け条件に問題を見つけたりということもあるようです。抱え込むには重過ぎるほどの悩みを背負い込む破目になるかもしれません。


運転資金の融資をどのような目的で欲しているのか、キャッシング会社から融資を受ける他に何か方法はないのか。運転資金の融資を確実に受けることも大事ですが、それ以上に大事なのは不必要な借金はしないということです。

ノンバンク系のビジネスローン

ビジネスローン会社でノンバンク系のところは、銀行などと違い預金を受けないで貸し付けのみを行っている金融会社です。ノンバンク系のビジネスローンは銀行系と比べて、貸し付けの条件があまり厳しくない場合が多く、しかも早いのが最大のウリ。中には、無担保、無保証人、即日OKなんていうビジネスローンもあります。


割賦販売やカードによる決済を主に行う信販会社は、クレジット会社とも呼ばれています。これもノンバンク系のビジネスローン会社の一つとして実は含まれるのです。他にも消費者金融や、俗にいう街金、ヤミ金などもノンバンク系のビジネスローン会社に該当します。


保証人がいなくても、時には担保もとらず、審査条件も厳しくなく、すぐにお金を貸してくれるビジネスローン会社は、非常に魅力的ものなのですが、金利がポイントになってくるのです。社会問題にもなっているのが、時には法外な利息を請求されトラブルになることです。非常に街金やヤミ金の取立てが厳しく、借りた人の人生を時にはガラリと変えてしまうこともあるそうです。


返済不可能な状態に陥るケースも、簡単に貸してくれるビジネスローンだからとどんどん借り入れていると、金利とともに金額が膨れ上がることでよくあるといいます。ヤミ金はズバリ違法な金融会社です。おいしい話には、必ずウラがあります。間違ってもヤミ金には手を出さないようにくれぐれもご用心して、信頼のおけるビジネスローンを利用するようにすることが、まともなビジネスをするのであれば大切なことです。

ビジネスローンについて

何か新しくビジネスをはじめたいとき、先立つものは資金ですが、資金が足りないときに役立つ金融サービスがビジネスローンと呼ばれるものです。ある程度の資金を用意することは、簡単ではありません。


お金を困ったときに貸してくれるのがビジネスローンのメリットです。資金繰りに困ったとき、更に事業を拡大したいときが、すでに会社を経営していてもあるのではないでしょうか。ビジネスローンが資金を貸してくれるのは、ビジネスために使うお金が対象です。ビジネスローンは、銀行や信用金庫などの金融会社が、お金を借りたい会社や事業主に対して融資するものです。


その中でも主に中小企業や零細企業、個人企業を中心に資金を貸し付けるのが、商工ローンと呼ばれるものです。お金を融資するに当たり、ビジネスローンでは担保を取ったり保証人を普通つけることになるでしょう。無担保だったり保証人の必要がないところも、最近のビジネスローンにはあるようです。


気になるのは、ローンを組む際の金利や返済期間ではないでしょうか。いろいろとビジネスローンには形態があるので、金利もローンを組む会社によって異なるようです。その結果として返済する金額も変わってくるので気をつけたほうが良いでしょう。他にも審査期間や資料の提出など、ローン会社によって条件も違うので、お金を借りる際はいろいろ調べることも大切です。


法外な金利を請求されるトラブルも、審査が甘かったのでお金を借りたことによってあったといいます。ビジネスローンを利用して融資を受ける場合にはよく確認し、無理のない計画で行うことが大切です。

不動産担保ローンとは

不動産を担保とするローンがあります。ローン商品は数え切れないほどあります。どんな借り方をするか、何に使うかで貸し付け条件も違います。中でも不動産担保ローンはより多くの金額を、まとめて借り入れしたいときとても便利です。


資産として所持している家屋や土地などの不動産を担保にしてお金を借りるものが不動産担保ローンです。無担保ローンと比較すると利用限度額が高額なこと、低金利で長期融資が可能となります。目的を限定せずに金銭の借り入れが可能なので、マイカーローンや住宅ローンと異なり何にでも使えます。


融資可能な金額は不動産担保ローンでどれほどの価値のある不動産を担保にするかで違いますが、多い時は1億円にも昇る借り入れができる場合もあるといいます。返済時につく利息は、5%~10%くらいが不動産担保ローンの典型例です。無担保で融資を受けるタイプのローンより、不動産担保ローンの方が金利が低く総返済額が安く抑えられます。


不動産担保ローンは、契約の際に不動産を担保に入れることになるので、万一返済が不能になった場合は不動産は競売にかけられてしまいます。担保の種類も、抵当権、根抵当権、質権とあり条件が違ってきます。不動産担保ローンを利用する時は、貸し付け条件をよくチェックして、理解してから利用してください。

不動産担保ローンのメリット

不動産担保ローンを利用するのは個人だけではありません。事業主や自営業の資金繰りにも役立っています。不動産担保ローンからお金を借りることで、実績がなかったり売り上げが思わしくなく銀行融資が覚束ない時の補填になります。


特に不動産担保ローンは、ほとんどが審査も早く、場所によっては3日で融資OKというところもあります。次の融資までのつなぎとしてお金を用立てたい時なども不動産担保ローンは効果的です。人によっては、次から次へと違う金融会社からローン融資を受けて返済に四苦八苦しているようです。


不動産担保ローンなら大口の融資を一気に受けられるので、低金利で月々の返済負担が軽くなるという利点があります。支払いも20年など長期のところが多く、ゆとりをもって返済ができるのもいいところです。ローン会社によっては、担保にいれる不動産も、本人の了解があれば、自分のものでなくても融資可能。


親の不動産を担保に、ローンを組むこともできます。似たもので不動産売却時のつなぎローンがあります。不動産のつなぎローンでは、現在の不動産を売却し資金を得たいにも関わらず売れないという間だけ、不動産を担保に入れて金融会社からお金を借りるわけです。


短期間不動産を担保に借り入れるので、不動産担保ローンの一種です。いずれも返済ができなくなれば担保は取り上げられてしまうので、くれぐれもご注意して不動産担保ローンを利用してください。

事業資金の借入を成功させる

事業資金の借入をしたい場合、融資審査を受けてそれに通過する必要が出てきます。民間の銀行、政府系金融機関のいずれも、決算書や事業計画書の提出を求めてくるものです。過去の実績や今後の見通しなどが審査された上で、事業資金の借入ができるかどうか、決まるのです。

まず、創業したばかりの会社は、過去の実績があまりなかったり、あっても赤字であることもしばしばあります。その場合は決算書だけではなく、事業計画書や経営改善計画書をきちんと作成することで、ずいぶんとイメージをアップさせることができます。とはいっても、せっかく提出した計画が、あまりにも現実離れしたものであったり、資金繰りなどに非常に無理があるようでは、借入が難しくなります。また、将来に明るい見通しがあることを強調したいのですが、これも具体的な数値を示す、過去のデータや将来を具体的にシミュレーションしたデータなどを用意する、といった方法で、説得力を持たせることが大切です。

そして、意外に大切なのが「口頭ではなく書面で、融資の依頼をする」ということ。これがとても大切です。民間の銀行も、政府系金融機関も「書類」を重要視します。書類がきちんと作られていると、それだけで印象が良くなります。また銀行に提出した書類は、担当者が見るだけではなく、その上席の人々に回覧されていきます。そのため「担当者にさえわかれば良い」のではなく、予備知識のない人がみてもわかりやすい書類を作っておくことが、事業資金の借入を成功させるポイントになるのです。