事業資金の借入を成功させる

事業資金の借入をしたい場合、融資審査を受けてそれに通過する必要が出てきます。民間の銀行、政府系金融機関のいずれも、決算書や事業計画書の提出を求めてくるものです。過去の実績や今後の見通しなどが審査された上で、事業資金の借入ができるかどうか、決まるのです。

まず、創業したばかりの会社は、過去の実績があまりなかったり、あっても赤字であることもしばしばあります。その場合は決算書だけではなく、事業計画書や経営改善計画書をきちんと作成することで、ずいぶんとイメージをアップさせることができます。とはいっても、せっかく提出した計画が、あまりにも現実離れしたものであったり、資金繰りなどに非常に無理があるようでは、借入が難しくなります。また、将来に明るい見通しがあることを強調したいのですが、これも具体的な数値を示す、過去のデータや将来を具体的にシミュレーションしたデータなどを用意する、といった方法で、説得力を持たせることが大切です。

そして、意外に大切なのが「口頭ではなく書面で、融資の依頼をする」ということ。これがとても大切です。民間の銀行も、政府系金融機関も「書類」を重要視します。書類がきちんと作られていると、それだけで印象が良くなります。また銀行に提出した書類は、担当者が見るだけではなく、その上席の人々に回覧されていきます。そのため「担当者にさえわかれば良い」のではなく、予備知識のない人がみてもわかりやすい書類を作っておくことが、事業資金の借入を成功させるポイントになるのです。