シンジケートローンの特徴

シンジケートローンにはいくつか特徴があります。シンジケートローンという調達方法は、市場型間接金融と呼ばれる金融形態を代表するものです。この方法は、直接金融の特徴である市場性と間接金融の特徴の柔軟性を両方持っています。


資金調達の可能性を広げることが考えられる市場型間接金融とは、財務内容を広く開示し、債権の流通を高めることができるといえます。借り入れ金を利用して、資金調達を行なうことです。シンジケートローンは、借り入れ側にとって自由な条件や返済スケジュールの設定を、通常の銀行借入れや社債での調達に比べて円滑に行なうことが出来るのです。


たくさんの金融機関との取引きを行なうのがシンジケートローンの特徴です。アレンジャーというのは実際の交渉相手が契約締結前のとき、契約締結後はエージェントと決められています。シンジゲートローンは、事務作業などの負担が少なく済むということが、大きな特徴なのです。


低コストの資金提供が可能となるのは、既に受けている融資取引きの有無に関係なく金融機関を広く募集するからです。シンジケートローンで高くなる可能性は、低金利での融資を実現できるということです。一つの融資契約書に基づいて複数の参加金融機関との金利や返済期間などの条件を統一することが出来るのもシンジケートローンの大きな特徴のひとつです。