シンジケートローンとは

世界各国の銀行が協調融資団のシンジケートを組成し、各国政府や政府機関に対して行う中長期の貸付を、シンジケートローンといいます。


協調融資であるこのシンジケートローンは、貸し手にとっては危険分散を図ることができ、借り手にとっては巨額の資金を効率的に調達できます。シンジケートを、国だけでなく各金融機関が協調して組成し、同一条件でひとつの融資契約書に基づき融資を行なう資金調達方法としてよく知られいるものです。借入れ企業との交渉や金融機関の調整を取りまとめるのがアレンジャーと呼ばれる金融機関です。


契約調印後は契約条項の履行管理や元利金の支払い等、事務作業を一括して行なう金融機関をエージェントと言います。普通は、エージェントに就任するのはアレンジャーというケースが殆どだそうです。シンジケート団は参加金融機関を幹事金融のアレンジャーが募集する形態は社債を発行するのと似た面があります。


金融機関からのお借り入れ取引きが、シンジケートローンなのです。短期的に必要な場合も有効な手法と考えられ、設備投資のような長期的に必要な資金調達だけでに限ったものではありません。契約条件の検討からシンジケート団を構成する貸付人となる金融機関の募集と契約締結手続きなどを、アレンジャーは行っています。


契約の際借入れ人は、アレンジャーへの手数料を支払うことになります。貸付人としてアレンジャー自身がシンジケート団に参加することもあるでしょう。シンジケートローンを組む上で、とても重要だと考えられるのが、アレンジャーなのです。