ローン一本化のメリット

借入件数が増えすぎてローンの返済が追いつかなくなった時は、増えたローンを一本化するという方法があります。おまとめローンという名前で呼ばれることもあり、他社借入件数を1社に一本化してキャッシングローンを作り直すというものです。


ローン一本化でのメリットは2つあります。何社ものキャッシングローンを組んでいると、月々の返済日と返済金額がそれぞれバラバラで把握しにくく、返済の見通しが立てにくくなって直前まで返済日に気づけなかったりもします。一本化をすることでローンの全体像がわかりやすくなり、分散していた返済日と返済額が一本化されるので、それだけ収入と支出の管理が容易になります。


返済のし忘れもなくなり、一本化によって返す日を忘れにくくすることができます。うっかりミスでも、返済期日を過ぎてしまった場合には延滞利息がついてしまいますので注意しましょう。収入をやりくりして返済金を捻出している状態ならば、返済が滞って延滞金がつくような事態にはなりたくないものです。


また、上手にローンの一本化ができれば、毎月の返済額や最終的な返済総額を減らせるというメリットもあります。金利の低いキャッシングローンで一本化をすることができれば返済総額の減額ができますし、月1度の返済にすることで月の返済額も減額可能です。月の返済額を減らすことができれば返済は楽になりますし、完済も現実的になります。


多重債務状態からローンを一本化することで返済を容易にし完済しやすくできることが、一本化のメリットです。